「IFA資産運用」に関連するコラム

2019/12/09 資産運用の相談は誰にする?FPとIFA、証券会社の違い

(写真=XArtProduction/Shutterstock.com) ここ数年、豊富な資産を保有している一部の富裕層だけでなく、一般の人の間でも「資産運用」への関心が高まっています。その背景としては、年金制度や社会保障への不安、さらには変化する社会情勢への対応を迫られていることなどが挙げられます。これから先、私たちは誰もが、自分の資産を自分で管理しなければならない時代に突入します。そのとき重要なのが、資産運用の手法であり方法論です。 ただ、資産運用に関する専門的な知識を身につけることは、決して容易ではありません。とくに、忙しい現代人であればなおさらでしょう。そこで求められるのが、適切な専門家に相談することです。信頼できる専門家に相談すれば、適宜、正しい判断を行うことが可能となります。では、資産運用にはどのような専門家がおり、どのような人に対して相談すればいいのでしょうか。詳しく見ていきましょう。 資産運用は“意思決定”が大事 これまで自分の資産を自ら管理してきた人の中には、他人にお金の相談をすることに対し、ためらいを感じる人もいるかもしれません。しかし、銀行の定期預金や普通預金にお金を預けるだけならともかく、積極的に運用していくことも検討するのなら、自分だけで判断するのは危険です。なぜなら資産運用は、仕事や家庭環境を含むライフプランも考慮に入れた、トータルの判断力が不可欠となるためです。 だからこそ、信頼できる専門家に相談しつつ、適切な意思決定を行っていくことが求められます。 相談するべき資産運用の専門家とは では、資産運用の専門家にはどのような人がいるのでしょうか。代表的な相談先として、「FP」「IFA」「証券会社の営業マン」の3つが挙げられます。それぞれの概要と特徴は次のとおりです。 ●FP(ファイナンシャル・プランナー) FPとは「ファイナンシャル・プランナー」の略称で、相談者の状況に応じて適切な資金計画を立てつつ、実現していくための総合的なアドバイスを提供する「ファイナンシャル・プランニング」を行う専門家のことです。金融や税制に関する知識はもちろん、資産や負債を含む家計の状況、保険や住宅ローン、教育資金、さらには年金制度などにも精通しているのが特徴です。 FPの中には、国家資格である「FP技能士(1〜3級)」の有資格者に加えて、日本FP協会が認定する「CFP資格」や「AFP資格」などもあり、より上級の有資格者であればそれだけ高度で専門的な知識を有していると判断できます。実際に相談をするときには、資格の有無に加えて、どのようなジャンルを得意としているのか確認しておくといいでしょう。 ●IFA FPの多くが銀行や証券会社などの金融機関、あるいは不動産会社などに勤務している「社内FP」であるのに対し、独立系ファイナンシャル・アドバイザーであるIFA(Independent Financial Advisor)は独立した存在です。そのため、より中立的な立場から、資産運用のアドバイスを受けることができます。 またアドバイスだけでなく、提携している金融機関の金融商品(有価証券など)の仲介も行えるのが特徴です。中立的な立場ということもあり、特定の金融機関やその商品に縛られることなく、投資家の視点に立って最適な商品を勧めてもらえるというのも魅力と言えるでしょう。 ●証券会社の営業マン では、証券会社の営業マンについてはどうでしょうか。資産運用の最適化という観点から考えると、証券会社の営業マンだけに頼るのは、リスクが高いと言えるかもしれません。なぜなら証券会社の営業マンは、自社が取り扱っている金融商品の販売を軸に、アドバイスを提供しているためです。 もちろん、営業マンの中には、投資家のことを最優先に考えている人もいます。しかし、営業マンの成績・評価が投資家の資産最大化にではなく、あくまでも金融商品の販売量および手数料の額に紐付いている点を考慮すると、FPやIFAなどの第三者にも相談したほうがいいことは間違いありません。 それぞれの専門性を理解して相談しよう このように、どの専門家に相談するのかによって、得られるアドバイスの方向性は変わってきます。それぞれの特徴を理解し、どのような立場から助言してくれるのかを把握しつつ、幅広い相談先を確保するようにしましょう。それが結果的に、意思決定の確度を高めてくれるはずです。… もっと読む

2019/11/08 資産運用の強い味方IFA(独立系ファイナンシャル・アドバイザー)とは

(写真=Freedomz/Shutterstock.com) 将来の不安などから投資を検討していても、投資案件の選定に悩んでいる人は多いかもしれません。そのような場合に独立・中立的な立場で資産運用のアドバイスをしてくれるIFAというものがあります。今回は欧米で一般的に利用されているIFAについて解説します。 中立な立場でアドバイスが受けられるIFA IFAとはIndependent Financial Advisorの頭文字を取ったもので、日本では独立系ファイナンシャル・アドバイザーとも呼ばれています。 ファイナンシャル・アドバイザーではありますが、証券会社や銀行などの従業員ではありません。IFAは金融機関から独立した個人や事業者として相談を受けるため、顧客の立場に立った中立的なアドバイスが可能です。 IFAの仕事では証券会社や銀行と業務提携を結び、顧客に対して具体的な金融商品の名前を挙げながら独立・中立の立場で資産運用のアドバイスを実施しています。 日本ではまだIFAは聞きなれない職業かもしれませんが、欧米では既に弁護士や税理士と並ぶ地位を確立し、市民権を得た職業となっています。 日本では法改正により、2004年4月1日から証券会社以外の法人や個人が証券会社から委託を受ける形で、IFAといった金融商品仲介業が認められました。 日本でのIFAの歴史はまだまだ浅いため、欧米などのIFAのようにこれから注目される職業ともいえるのではないでしょうか。 IFAの特徴やメリット FAを利用する最大のメリットは、特定の証券会社や銀行に属さない独立した存在のため、証券会社や銀行などの営業方針にしばられることなく、より顧客に寄り添った立場で資産運用のアドバイスが受けられることです。 お金についての相談という点ではFP(ファイナンシャルプランナー)とも似ていますが、IFAとFPには大きな違いがあります。 FPは金融商品仲介業ではないため、実際の金融商品の名前を挙げての勧誘などはできません。しかしIFAはFPと異なり、実際の金融商品を例にとりながら顧客に対して具体的な資産運用のアドバイスを行うことができます。 又、長期間に渡って資産運用についての相談ができるという点もIFAを利用するメリットです。異動や転勤などで担当者が変わってしまうという心配もそれほどなく、結婚や子どもの進学、住宅の購入、定年退職などのライフイベントに合わせた資産運用にも取り組んでいけるでしょう。 IFAを選ぶ際のポイント より身近な資産運用のアドバイスを受けられるIFAですが、実際にIFAを選ぶ際にはどのようなポイントに気をつけるのがいいのでしょうか。 まず大切なのは、自分の担当となるIFAが金融知識に加えて、豊富な実務経験を持っているかどうかです。長期間付き合っていく可能性の高いIFAです。これまでの経験などを質問しながら、「自分の現状を親身になって聞いてもらえるかどうか」「自分のライフプランに合った金融商品を提供してもらえるかどうか」など、自分のニーズに寄り添った提案をしてくれるIFAを探していきましょう。 将来のために適切な資産運用を行っていくことは重要なことです。「老後2,000万円問題」などをきっかけに、老後資金への関心も高まっています。今後よりよい資産運用を実現するためにも、専門的な立場から具体的なアドバイスをしてくれる独立系ファイナンシャル・アドバイザー、IFAの活用も検討してみてはいかがでしょうか。 資産運用に関する未知の視点が増えることで、多角的な資産形成も可能になります。運用の面白さを感じられるようになると、資産形成にもはずみがつき、日々の生活にも張り合いが増してきそうです。 >>【無料】いますぐプライベートFPに相談してみるもっと読む

TOPへ
初めての方へ
個別相談予約
ログイン
メールマガジン登録