相続・贈与

「相続・贈与」に関する情報を掲載しています。相続や贈与を検討されている方やそのご家族の方に向けて、相続の際の手続きや注意点、相続・贈与税やその節税方法をご紹介しています。いつか、ご家族の資産を次の世代へ受け継ぐ際に、知っておくべき知識を学ぶことができます。

2018/08/06 財産はどうなる?親が認知症になってしまったら「家族信託」は有効なのか

社会の高齢化が進む中、認知症を発症する高齢者はますます増えてきています。認知症を発症するとさまざまなトラブルが予測されますが、中でも深刻なのが財産管理問題です。親が認知症になった時に備え、今から財産の扱われ方と解決策を考えておくことは重要なポイントです。今回は、家… もっと読む

2018/04/08 家族信託を選ぶ時に必ず知っておきたい3つのメリット

2015年の税制改正で相続税や贈与税の変更が行われました。小規模宅地の特例や未成年者や障害者の控除などが優遇される一方で、相続税率の引き上げや、基礎控除の金額が60%に減額されたことを受け、今まで相続や贈与等で税負担がなかった人も税負担がかかる可能性が出てきました… もっと読む

2017/10/13 10%変わることも?大切な人に贈与をする時に意識するべき税率

贈与税は税率が高いし、なんだかよく分からないと思う人もいるのではないでしょうか。しかし、贈与をうまく活用することで、子どもや孫の資産移転を効果的に進めることできるようになります。2015年1月より贈与税の税率構造が変わり、特別税率と一般税率の区分ができました。贈与… もっと読む

2017/10/11 贈与税の非課税財産や非課税制度を知って節税しよう!

次世代に資産移転をするには相続と贈与の2種類の方法があります。贈与は難しくて、税金が高いというイメージがあり、相続時にまるまる移転すれば良いと考える人もいるかもしれません。確かに贈与は複雑ですし、贈与を受けた人は譲り受けた財産に応じて贈与税を税務署へ納める義務があ… もっと読む

2017/10/09 払うのは誰?いつ払うの?贈与税申告にまつわる3つの質問

亡くなった人から財産を受け継ぐことを「相続」と呼ぶのに対し、存命中の人から財産をもらうことを「贈与」と呼びます。そして贈与を受けた人は、そのことを申告して税金を納める義務があります。 しかし、全ての贈与が贈与税申告の対象となるわけではありません。また納め方にもさまざ… もっと読む

2017/09/13 実は私にも関係があるかも!?贈与税のキホンとは?

贈与税なんて自分には関係ない……と思っている人は多くいるかもしれません。しかし、実は贈与税は他人ごとと決して無視できない税金です。2015年に相続税と贈与税が同時に改正されました。相続と贈与は基本的に別物ですが、相続対策として生前に贈与で資産の移動をさせるなど、実… もっと読む

2017/09/11 相続人には最低限の財産を引き継ぐ権利が存在する

自分の財産は、自分の大切な人に相続してほしいと思う人もいることでしょう。その意思を尊重するために、生前贈与や遺言という制度が認められています。しかし、何の制限もなく財産の処分を許すと、相続に関して後で争い事が起きる可能性もあります。 法律では、相続人には最低限、財産… もっと読む

2017/09/08 相続登記の手続きに必要な書類とは

相続で土地や住居を引き継いだ不動産の所有名義を変更する相続登記。いざ不動産を相続することが決まって手続きをしようとしても、手続きが煩雑なため後回しにしてしまうケースもあるでしょう。なかでも、相続の手続きに必要な書類を揃えることは一苦労です。実際に、相続の手続きには… もっと読む

2017/08/22 「誰が相続できるのか」もしもの時に備えて確認しておく相続の権利

身近な親族がなくなると、しばらくは葬儀告別式やその後の片付けに追われることでしょう。また、落ち着く暇もなく、遺産相続の話し合いが始まる家庭もあるかもしれません。しかし、誰が相続人になるのかをきちんと把握できていないと、相続がスムーズに進まない場合もあることでしょう… もっと読む

2017/08/13 争族回避するために!遺産分割協議で相続人を指定する

相続が発生した後、家族で遺産の取り分で揉めたなどと聞く事はありませんか。「平成24年度司法統計」(最高裁判所)によると、実は、ここ10年で家庭裁判所への遺産分割の新受件数(審判+調停)は1.25倍に増えています。過去20年見ても1.54倍と緩やかに上昇傾向を続けて… もっと読む

TOPへ
無料個別相談予約 セミナー開催情報 資料請求 メールマガジン登録