• 東京 0120-03-3704 ご予約・お問い合わせ:平日 9:00~17:30
    ※土曜日は事前にご予約いただいたご相談のみの営業
  • 大阪 0120-06-6738 ご予約・お問い合わせ:平日 9:00~17:30
    ※土曜日は事前にご予約いただいたご相談のみの営業
投稿日:2018/08/23 最終更新日:2024/04/24

もし、明日リーマンショックが起きたら!?あなたの資産はどうなるか?

(写真=Norman Chan/Shutterstock.com)

もうすぐリーマンショックが起きてからちょうど10年になろうとしています。リーマンショック後に資産運用を始めた人は、比較的右肩上がりの環境で資産運用を行うことができたのではないでしょうか。

市場の環境が良いのはもちろん良いことなのですが、すでに10年くらい株式市場は上がり続けています。そういった環境が長く続くと、次第にある”大切な感覚”がマヒしてくるのです。

今年に入って投資信託を始めたAさんの事例

先日相談にいらしたAさんは、今年に入って(2018年1月)から投資信託で運用を始めた方です。Aさんからの相談は「良いファンドを選んだはずなのに運用成果がマイナスになっている。このやり方を続けていいのかわからない。」といったものでした。

「良いファンドを選んだはず・・・」とのことですが、Aさんはどのようなファンド選びをしたのでしょうか?

「過去3年間のリターンが良いファンドの中からいくつか分散して購入した。」というのが、Aさんのファンド選びの方法でした。

実際にAさんが購入していたものを証券会社のホームページで見ると、どれも星が4つ5つ付いている優良ファンドばかりでした。しかしながら、Aさんの運用成績は2018年2月からの下落を受けて、軒並み10%以上のマイナスとなっています。

Aさんの投資のやり方はいったい何が問題だったのでしょうか?

リーマンショックが起きたら株式は半分になる

Aさんが投資していたファンドは、日本の中小型株のファンドやテクノロジー関連の株式ファンドがほとんどでした。

これらのファンドは確かに直近3年間のリターンは素晴らしかったです。もちろんファンドの運用が上手く行っていたということもありますが、素晴らしい実績は株式市場が大きく上昇していたからということを忘れてはなりません。

Aさんの失敗は過去3年という”良い環境”の運用実績だけを見て、ファンド選びをしてしまったことです。

では、Aさんはどのようにファンド選びをすればよかったのでしょうか?

ここで必要となる考え方が、「明日、リーマンショックが起きたら、自分の資産はどれくらい下がるのか?」という考え方です。

今回Aさんは運用を始めてから数か月で資産が10%以上目減りしてしまい、慌ててご相談にお越しいただきましたが、あらかじめ保有しているファンドが10%以上目減りする可能性があることを認識していたらどうでしょうか?こんなに慌てることはなかったのではないかと思います。

つまり、直近株価が最も下がったリーマンショック時にどれだけ下がったかを事前に知っておけば、事前にそれくらい下がるものだと心の準備もできますし、ご自身にとってリスクが大きすぎると思えば、投資のやり方を見直すことも可能となります。

では、Aさんの持っていた日本の中小型株ファンドやテクノロジー株式のファンドはリーマンショックが起きた2008年はどのような値動きだったのでしょうか?

国内中小型株式ファンド:▲37%
テクノロジー株式ファンド:▲59%

金融危機が起きたときにこれくらいの値動きがあることを知ったAさんは、さすがにこれは耐えられないと判断し、リーマンショックが起きた時でも30%くらいのマイナスに抑えることができる資産配分に変更をすることになりました。

「最悪時にどれくらい下がるのか想定できていれば、下がってしまっても安心して続けていけますね。」という言葉が印象的でした。

運用のプロも行うストレステストとは?

最悪の事態が起きたときに自分の資産がどうなるのかを事前にシミュレーションすることは「ストレステスト」と言われ、金融機関やプロの投資家が行っているプロセスのひとつです。

以下は、主な資産のリーマンショックが起きた2008年のリターンを表しています。
ご自身の資産が、明日リーマンショックが起きたらどのような値動きをするのか、ストレステストをする参考にしてください。

そして、その下落に耐えられないようであれば、リスクを取りすぎているということができます。

次なる金融危機はいつ来るかは誰にも分かりませんが、運用を続ける中でどこかで必ず遭遇するはずです。

「こんなはずじゃなかった!」とならないためにも、明日リーマンショックが起きたら自分の資産がどうなるのか?しっかり把握しておかれてはいかがでしょうか?

GAIAについて

今ある資産・老後資金など、お金のお悩み・不安などはお金の専門家に相談してみませんか?

GAIAは「会社の利益よりお客様の利益を優先します」を信念とし、お客様の資産残高が増えることが自社の収益につながる透明性が高いフィーベースのビジネスモデルを実現しています。
IFA業界の先駆者として、お客様と同じ方向を向いて、お一人おひとりの資産運用の目的を明確にしながら長期的な資産運用を伴走いたします。
どんな疑問やご不安でも、まずはお気軽にご相談ください。

GAIAのプライベート・ファイナンシャルプランナーへ ご相談をご希望・ご検討の方

資産運用や生命保険の見直し等に関する事ならお気軽にご相談ください。

VOICE

100人の顧客がいても、いつでも“1対1”
「かかりつけ医が伴走してくれるようですね」

ライフプランニングの作成から資産配分のご提案、 ライフプラン実現に向けたアフターサポートが充実。
無料個別相談のご予約

資産運用のご相談、保険の見直し等の相談をご希望される方はこちらよりお申し込みください。
お問い合わせ

平日9時〜17時の間、お問い合わせいただけます。エリアに応じて連絡先を選択ください。

関連記事

    2017/05/12 資産運用のアドバイザー 信頼できるIFAの選び方

    資産運用のアドバイザーである「IFA」。資産運用の相談先の一つとして、気になっている方も多いでしょう。 現在日本では、IFAは5,700人余り(日証協調べ、2022年6月末時点)いるといわれ、そこまで多いとどんな視点で選 […]

    2017/02/06 老後資金は保険で貯まる? 3種類の保険を解説

    公的年金への不安が叫ばれて以降、老後資金を自力で準備するのは当たり前という風潮が強まってきました。では、老後資金を貯めるための金融商品には、どのようなものがあるのでしょうか。さまざまな金融商品の中から今回は保険に絞り、そ […]

    2017/05/03 サラリーマンでも空き時間にできる資産形成

    不安定な経済情勢の影響からか、サラリーマンの給料だけでは十分に生活できないという状態も少なくありません。そのため、少しでも資産形成をしたいと思っているサラリーマンも多いのではないでしょうか。 今回は、サラリーマンでもでき […]

TOPへ
初めての方へ
個別相談予約
ログイン
メールマガジン登録