無料個別相談はこちら 資料請求
2017/01/27

老後にマンション購入は是か非か

Mansion
(写真=VGstockstudio/Shutterstock.com)

老後のマンション購入は、主に2つの目的から取り組む方が多いといえます。1つは人に貸すことで家賃収入を得るため、もう1つは自分自身が住むためです。それぞれの目的に応じたマンションの購入について、メリットとデメリットを検討していきましょう。

資産運用として老後にマンションを購入!

まず、資産運用としてマンションを購入する場合を考えていきましょう。これは人に貸すことで家賃収入を得る、つまり家賃収入を年金代わりに受け取ることが目的といえます。

家賃収入を老後の生活費に充てる計画をするケースも、少なくありません。仮に入居者が継続して住んでくれるのであれば、安定して家賃収入が入ってくることから、老後の生活費に充てることは可能です。そして、マンションは資産となるため、仮にまとまった資金が必要となった時には、売却すればある程度の資金を確保できます。

マンションを購入して、人に貸すことで家賃収入を得る選択肢を取った方が、資産の保有と資金の確保ができるため、一石二鳥という考え方もできるでしょう。

マンション経営のリスクとは

資産運用として、老後にマンションを購入することにもリスクもあります。

その一つが「空室リスク」です。入居者が退去し、その後に新しい入居者が入らなければ、家賃収入は途絶えてしまいます。家賃収入が途絶えれば、老後の生活資金が確保できないおそれもでてきます。そのため、マンション投資を行う場合には、駅から近い、住環境が良いなど入居者がつきやすい地域を選んだ方が空室リスクをおさえられるでしょう。

また、家賃に関しても継続して同じ金額が入るとは限りません。築年数が古くなるにつれて、家賃も下がっていくのが通常です。こうした見積もりを行ったうえで購入される場合はよいですが、そうではない場合には想定外の老後資金不足に陥る可能性があります。

この他にも、毎年固定資産税がかかる、インターホンなど付帯設備が故障した場合には修理代はオーナー持ちになるなど、意外に費用が掛かる点もあります。こうした点に注意したうえで、マンション経営を行う必要があります。

老後はマンションに住む?戸建てに住む?

それでは住む家という観点から、マンションを購入する場合はどうでしょうか。マンションのメリットは、管理をプロが行ってくれるため、草むしりなど一戸建てでは必要となる作業を省くことができることでしょう。老後にこうした負担を減らしたい方には、マンション居住が向いているといえます。

また、周辺環境としても、大規模なマンションであれば周辺にスーパーやコンビニなど、生活するうえで利便性の高い施設が多く存在します。一方、一戸建ての場合、車がないと不便といったケースも少なくなく、老後に生活するには負担がかかることも多いことでしょう。そのため、老後の生活の利便性という観点では、マンションの方がメリットは多いといえるかもしれません。

なお、老後にマンションを購入する場合には、その後の老後資金を確保できているかどうかを考慮しなければなりません。老後資金の確保ができていないにもかかわらず、マンションを購入するのでは、その後の生活が立ち行かなくなる可能性があります。こうした場合には、既に住んでいる家をリフォームするなどして対応できないかどうかを検討していく必要があります。

自身の購入目的を明確にし、メリットとデメリットを比較

まずは、自身のマンション購入の目的、それぞれのメリットとデメリットを比較しましょう。メリットの方が多いと感じられるならば、資産運用・居住いずれの面からも購入を検討されることは悪くないといえます。

>>【無料】いますぐプライベートFPに相談してみる

GAIAのプライベート・ファイナンシャルプランナーへ ご相談をご希望・ご検討の方

資産運用や生命保険の見直し等に関する事ならお気軽にご相談ください。

VOICE

100人の顧客がいても、いつでも“1対1”
「かかりつけ医が伴走してくれるようですね」

ライフプランニングの作成から資産配分のご提案、 ライフプラン実現に向けたアフターサポートが充実。
無料個別相談のお申し込み

資産運用のご相談、保険の見直し等の相談をご希望される方はこちらよりお申し込みください。
電話でのお問い合わせ

平日9時〜17時の間、お問い合わせいただけます。エリアに応じて連絡先を選択ください。

関連記事

    2016/11/30 定期預金で満足する富裕層が重視する「シャープレシオ」

    富裕層と言われる人たちの中には、銀行の定期預金の金利に満足しているケースが少なくないようです。 銀行や証券会社では、運用商品を販売するセールストークとして「銀行の定期預金は金利が低いので、積極的に運用しませんか」「銀行の […]

    2017/04/10 節税しながら賢く投資できるNISA活用法

    CMなどで最近よく耳にするNISA(ニーサ)ですが、制度の概要を知っている人は意外と少ないようです。NISAの制度は「なんだか難しそう」「手間がかかりそう」と利用を諦めてしまうにはもったいないものであるとも考えられます。 […]

    2018/08/09 50歳未満推奨、iDeCo(イデコ)の銘柄はこう選ぶ

    老後の資産形成のため自分年金作りのツールとして注目を集める個人型確定拠出年金(iDeCo)。毎月の掛金(職種や勤務先の年金制度に応じて限度額があります)が全額所得控除になるほか、運用益にかかる税金も非課税と税制面で優遇さ […]

TOPへ
初めての方へ
個別相談予約
ログイン
メールマガジン登録