各プライベートFP紹介

成清 晴菜 HARUNA NARIKIYO (AFP認定者)

成清 晴菜

「相談してよかった」と、思っていただける様、努めていきたいです。

経歴大学卒業後、銀行に入社。資産運用、相続対策など、個人向け相談業務を経験。
業務に携わる期間が長くなるにつれ、深い知識を持って 長くFPとして仕事をしていきたいという思いが強くなっていった。 そんな中在職中にガイアの記事を読み、ビジョンに共感し、入社。
資格1級ファイナンシャル・プランニング技能士
日本FP協会認定 AFP
生命保険協会認定 シニア・ライフ・コンサルタント(SLC)
日本証券業協会認定 第1種証券外務員
趣味・特技バドミントン
小さい頃から体を動かすことが大好きでした。最近はバドミントンの他にも新しく長く続けられるようなスポーツを始めてみようと考えてます。
好きな本「一瞬の風になれ」 (佐藤 多佳子著/2006年/講談社)
メッセージお金は増やすことが目的ではなく、夢を実現するための手段である、と思っております。
「相談してよかった」と、ご縁があってお会いすることができた皆さまに思っていただける様、 努めていきたいです。

インタビュー

インタビューを通じてGAIAでの取り組みについてお伺いしました。

「顧客本位」とはどのようなことだと思うか。
顧客本位については、GAIAがFiduciary Duty宣言として公表しているものがありますが、その中で、資産運用のアドバイスビジネスというものは、医師や弁護士と同じような専門家とそれ以外の非専門家の間に、情報の非対称性があると言っています。お客さまはご自分で判断をするよりも専門家のアドバイスを頼りにしたいと思い、ご相談にお越しくださっておりますので、そのような立場を認識した上で、自分たちの利益よりもお客様の利益を優先して仕事をしていくことが顧客本位という考え方だと思います。
私も、しっかりとした知識を持ってお客さまのお役に立つようなアドバイスをしたいと思い、以前に勤めていた銀行を辞め、GAIAに入社しました。その後、お客様から「GAIAと付き合ってよかった。」「お金について悩まなくなった。」「安心して過ごすことができた。」などと仰っていただけるようになり、そう仰っていただけるくらいご満足されている状態であれば、結果として顧客本位になっているのかなと思います。
仕事に対してやり甲斐を感じるときは?
面談を重ねていくことで、お客さまのもやもやしていたものや課題が解消されていく時は、やり甲斐を感じます。そういった時にはお客さまのお顔がスッキリとした表情に変わるので、そのお顔を見られると、こちらも嬉しくなります。
お客様からの「相談してよかったです。」という一言は、何よりも私の仕事のモチベーションに繋がります。お客様の期待に応えられるよう、これからも日々知識をアップデートする努力をしていきたいです。
心がけている事柄、これからの理想、目指す姿について。
心がけていることは、こちらの主観で勝手に決めつけることをせず、お客さまのお話を聞くということです。お客さまにお話しいただく中で、ご自身の気持ちが整理されたり、進む道が定まってきたり、今まで気づけていなかったことにも気づけたりするきっかけになれば、私も嬉しく思います。
又、理想、目指す姿としては、「あなた(GAIA)と付き合うと人生が豊かになる」というようにお客さまが思ってくださる存在になれたら良いなと思います。年2回お願いしている定期面談が苦でなくて、何回も会いに来たいと思っていただけるような存在になれたら嬉しいです。
相談を検討している方への一言メッセージ。
もしお一人で悩んでいるのであれば、一度いらしてみてはいかがでしょうか。きっとお悩み解決の糸口を見つけていただけると思います。 GAIAに来れば何かしら解決出来るのではないかという思いを持っていらっしゃる方が多いので、その期待に応えられるよう取り組ませていただきます。

GAIAのプライベート・ファイナンシャルプランナーへ
ご相談をご希望・ご検討の方

資産運用や生命保険の見直し等に関する事ならお気軽にご相談ください

電話でのお問合せ

東京本社 新宿オフィス

0120-03-3704

大阪支社 大阪オフィス

0120-06-6738

受付時間

平日9:00〜17:00
(土・日・祝日除く)

TOPへ
無料個別相談予約 セミナー開催情報 資料請求 メールマガジン登録