お気軽にお問合せください
0120-03-3704

平日・土曜 9:00〜17:00
(日曜・祝日休み)

よくあるご相談事例 ケース2

FPサービス

よくあるご相談事例ケース2

退職後の資産運用プランを作りたい

老後の生活を考えると、年金だけでは足りなくなりそうです。今ある資産を計画的に運用しながら、資産を取り崩していくプランを作るにはどうすれば良いでしょうか。

(Bさん 60代女性)

FPの一言アドバイス

老後の資金に不安を抱えている方は少なくありません。安心して老後の生活を過ごすためにも、現在の資産と将来の収支を再確認することが必要です。現在の出費を続けて暮らしていけるのかを把握するだけでも安心することができます。まずは将来の収支と資産の増減をシミュレーションする「キャッシュ・フロー表」を作成し、もし不足額があれば、運用で補うためにはどの程度のリターンが必要なのか把握します。分配金を目当てにリスクの高い投資信託ばかりお持ちの方がいらっしゃいますが、偏った運用は相場が下落したときに大きく値下がりしてしまうため、ご自身の将来を見据えた資産配分に見直すことが必要です。計画的に取り崩していくためのシュミレーションを行いましょう。

Bさんの見直しプラン

資産のほとんどがリスクの高い投資信託に偏っていたため、預貯金や生命保険など資産配分を見直し、計画的に取り崩すプランを作成。

見直し前見直し後の投資信託

キャッシュ・フロー表
■キャッシュ・フロー図

Bさんの体験談

私は退職してからの生活費が心配で、とりあえず分配金が多く出るリスクの大きな投資信託を購入していました。GAIAでプライベートFPと一緒に資産を確認してみると、今の出費のペースならばあまり大きなリスクを取らず、十分に暮らしていけると分かりました。将来のシミュレーションができ、また資産配分を見直せたので安心感が得られました。