キャリアインタビュー02Interview with Empoyees

ファイナンシャルプランナー 岩切 智子(2013年4月入社)

01GAIA応募のきっかけ

前職は都市銀行に営業職として勤務していたのですが、自身のリテール営業力の成長に限界を感じていました。銀行ではお客様に提供できるサービスの守備範囲が広いのでチャレンジできることが多い反面、1つ1つに対する専門性を追求する時間的余裕がなかったからです。特に資産運用については重要性を感じながらも、自信を持った提案ができずお客さんの役に立っている実感が持てませんでした。それを払拭したいと思いつつも、販売会社にはセルサイドの情報しかないことにも物足りなさを感じていました。
そんな折、会社帰りに立ち寄った本屋で、帯に「銀行で買うな!」というコピーがついた新書に目が留まりました。反発心を抱きながら手にした書籍が当社代表の著書「損しない投資信託」で、内容はまさに目から鱗の情報。さっそく翌日の営業提案に書籍で得た知識を活かしていました。その年のお正月にGAIAのHPを閲覧した際、たまたま会社説明会を開催していたので申し込みました。

02入社前イメージと入社してからの実感

入社する前は漠然とお客さまから"必要性を感じてもらえるサービス"を提供している会社と思っていました。
ただ入社してみて感じたことは、当社代表からも常々言われているのですが、「知識を売りにするビジネスなので情報収集を怠らない」ことが重要だという点です。あわせてお客様のニーズを深く知るために、コミュニケーションスキルを常に磨く努力も大切ですね。
また、日本のFP業界はもう少しツール等のインフラが整備されているのかと思っていましたが、案外自分でデータを一つ一つ収集して検証しているケースも多く、これから整備されていく業界なんだと感じています。

03やりがいを感じる時

FPとしては、お客様に契約時にいろいろなコメントを頂戴するのですが、「私達の未来をあなたに託します」と言われた時には身が引き締まりました。また他に提案内容に対してお客さまから「将来が見えた、不安が解消された」などのコメントを頂いた時にはとてもうれしかったです。
また、会社レベルでの社員の役割は、大手企業に比べ一人一人の責任の範囲が広いので、ベンチャー企業ならではの緊張感があります。自分が頑張った結果が会社にダイレクトに反映される点は非常にやりがいがあると思います。

04入社して一番印象に残っているエピソード

私自身が講師を行ったセミナーがきっかけで個別相談に来店され、ご契約までに結局半年近く時間がかかったお客様がいらっしゃいました。契約するまでに「費用をかけて、GAIAに任せていいのか?」「自分でできるのでは?」等のお考えで相当悩まれていたとのことです。ご契約後に30~40年先までのプランを一緒にたてながら、これから重ねていくであろう歳月をお客様とお互いに思い浮かべながらお話したことが非常に印象に残っています。

05応募者へのメッセージ

「困っている人の役に立ちたい」、「新しい業界を作りたい」という気概や主体性を持たれた方にはとてもおすすめの会社だと思います。男女比が6:4ですし、社内はフラットな雰囲気なので、女性にとっても働きやすい環境だと思います。

061日のタイムスケジュール

8:15
出社、マーケットチェック
8:30
朝礼
8:45
FP勉強会
9:00
上司との提案内容相談
10:00
新規来店客との初回面談(社内ブース)
12:00
昼食
13:00
お客さまからの商品受注処理
14:00
社内ミーティング
15:00
顧問契約客との臨時面談
17:00
顧客情報整理と翌日スケジュールチェック
18:00
新規来店客への提案書作成
19:30
退社

大学卒業後、銀行に入社。資産運用、住宅ローン、相続対策など、個人向け相談業務全般を経験。客観的に選定した金融商品の提案や、金融機関に属さず独立性を保つGAIAの仕組みに共感。 2013年4月GAIAに入社。

Career Interview